このページをクリップ


    xhtmlではヘッダー部分の記載もhtmlとは異なります。

    実際にこのサイトのヘッダー部分を見てもらうのが一番早いと思いますが、この宣言部分を確実にしないと表示が崩れる原因にもなりますので、xhtmlの解説本を買って正確に記述してください。

    ソフトの中には宣言が自動で挿入されるものも有

    Dreamweaverなどの高機能htmlエディタであればxhtml形式のファイルを選択すれば自動で宣言部分が挿入されるものもあるので、そちらを活用するのも一つの手です。

    さらに踏み込むと文字のエンコードというのも正しく宣言する必要があります。当サイトは文字のエンコードをUTF-8というユニコードで記載しています。

    この文字のエンコードを記載しなかったり、記載と違うエンコードでファイルを作成した場合に文字化けがおこるということになりますので注意が必要です。

    基本的にSEOの観点からいっても一つのサイトではエンコードを1つにした方が良いですね。当サイトではブログのシステムMovabletypeが標準でUTF-8だったのでサイトの方もUTF-8にしています。

    • サイト
    • facebook
    • twitter

    PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

    Macに要求するものはどれ?


    * (票)

    * (1票)

    * (票)

    * (票)

    * (票)